読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大保太郎のトリビアブログ♪

大保太郎のトリビアブログ♪

大保太郎 お城に松の木が植えられている理由

大保太郎です。皆様こんにちわ。

早速ですがお城に松の木が植えられている理由についてお話させて頂きます!

お城に松の木が植えられている理由とは?

姫路城と松

父「お城にはやっぱり松が似合うな!」

子「理由を知るとなおさらだね。」

と父の顔を見られる。
城に松がある理由?景観以外に何かあるのか?
そうだ、松の葉での防衛だ!!!(違います

松は戦に備えたもの

松

実は松は食用です。
籠城戦になった時に食料として役立ちます。

主な食べ方としては、
白い樹皮を臼でついて水に浸し苦味臭みを抜き、
乾かして粉にして、もち米や蕎麦粉に混ぜてお餅にして食べるようです。

また、不味いですが松の葉もそのまま食べたりするようです。
ミキサーにかけジュースにする方法も。
栄養があり健康食品として売られていることもあります。

「松の実」も有名ですが、日本の松は実が小さく食用には向きません。

いざとなれば食べられる。
ということを知っておき、どこに生えているかを覚えておきましょう。

以上、お城に松の木が植えられている理由とは?でした。

今回はこの辺りで、大保太郎でした。